不動産業や不動産関連業に携わっている中央大学卒業生で構成されており、不動産に関係した情報交換や 研究を通じて会員相互の親睦と資質の向上、また中央大学の発展に寄与することを目的としています。

中央大学 不動産建設白門会

入会案内

9/6・UBBL2017 第7戦 三田会(慶應大学)戦 結果報告 (1対10)で大敗!  守備の乱れは心の乱れ 

1回表 白門会 一死後風岡ヒットで出るも後続かず0点
1回裏 三田会 淡潟三振中村投ゴロの後、長沢安打で出るも後続断ち0点
2回表 白門会 椎名右中間大飛球打つも好捕される。三者凡退0点
2回裏 三田会 井上右前打河越三塁打で1点、内野ゴロの間に2点目を追加される
3回表 白門会 三好右前打、中島内野ゴロの後遠藤(進)が安打で出塁、一死一三塁で遠藤(進)ディレートスティール試みるもアウト。後続かず0点
3回裏 三田会 三者凡退0点
4回表 白門会 村上死球一死後椎名二塁打で1点返すも後続かず
4回裏 三田会 植田安打で出塁、一死後河越安打などで2・3塁となるも後続断ち0点
5回表 白門会 三者凡退0点
5回裏 三田会 遠藤安打で出塁後3四死球、エラー植田安打後、2四死球、犠打安打等で8点追加される
6回表 白門会 三者凡退0点 試合終了

左翼線に安打を放った遠藤(進)選手


二塁打を放った椎名選手
<スコアブックから>
今季6戦を完投してくれた小名川投手にはつらい戦いになってしまいました。
4回まで走者を出しながらも2失点に押さえていましたが、5回に投球が乱れ、4四死球と2安打などで大量点を失いました。
本人曰く4回途中からリズムが乱れ、修正できないうちに5回の大量失点になってしまったそうです。今シーズン見たこともないような守備の乱れも、投球テンポが良くなかった結果だと語っておりました。
三田会が誇る若手河越投手の直球(130㎞/h?)を完ぺきに捉えた椎名(二塁打)・遠藤(進)はさすがでした。風岡・三好もしぶとく打ち返してくれました。
2三振と死球でいいところがなかった村上選手。横から見ていた印象では気の毒なストライク判定でした。その上に死球もまともに食らいました。(当人は平気な顔をして一塁に走りました)が見ているこちらが痛そう!
同じく打撃で結果を出せなかった守田選手でしたが、小名川投手のリリーフに急遽登板してくれ試合をまとめてくれました。
このところ打撃に守備に活躍している大津選手、打撃では凡打と三振でしたが、4回の無死一塁で三塁ゴロを確実に一塁に投じた判断は良かった。
交代したばかりの守備で無死満塁の三塁ゴロバックホーム投球がそれてしまった川又選手、さすがに気落ちしていましたが「守備陣と投球テンポが合わないと上手く守れないです、私の責任です」と小名川投手。苦しい小名川投手を励ましながら最後まで本塁を守ってくれた中島捕手、良くやってくれました。
出番が無かったにも拘わらずベンチで存在感を発揮した大久保選手。
今日も元気にカッコ良く応援に駆けつけてくれ、写真係まで引き受けてくれた太田哲次さんまたよろしくお願いします。

(おまけ報告)
この報告書がなかなか書けなかったせいでUBBL(大学不動産連盟野球リーグ)神宮大会の報告もついでに致します。
まず私小山賢三は、三番バッターとして登場し、東洋大学準硬式野球部小田辺監督の外角高め直球を見事に打ち返し右前安打しました。プロカメラマンが撮影した画像が届き次第無料公開いたします。
普段打撃に立たない朝倉監督も出場し、良い当たりでしたが安打とはなりませんでした。
(寄り道)
そういえば三田会戦当日白門カラオケ同好会が同志社大学REクローバー倶楽部と「カラオケ対抗戦」を行い僅差で敗れたとの連絡がありました。次回は私も参加したいと思います。
(本題)
UBBL(大学不動産連盟野球リーグ)神宮大会開会式に「君が代独唱」がありました。
前回は白門カラオケ同好会代表の鳥谷越剛さんの素晴らしい声が神宮の杜に響き渡り、全参加者が感動いたしました。
今回も我が白門の鳥谷越さんが出るものだと思っていましたが、連盟の希望者を募ってカラオケの点数で決めることになったそうです。その結果1点差で他大学の人に決まったとの事でした。
あの鳥谷越さんを破ったひとの歌声?
鳥谷越さんとはレベルが違いましたね、器用なカラオケ名人でした。
発声が全くの素人、声は続きましたけどね。本当はもっと上手いのかもしれませんし、あがっていたのかもしれませんが。
鳥谷越さんの凄さがあらためてわかりました。
神宮大会には藤森先輩も背番号3ユニフォームを着て参加してくれました。
西田先輩の表彰式もありました。

不動産建設白門会 白門野球同好会  小山賢三 090-1110-1269

第8戦皆様の応援観戦お待ちしています!
桜門会(日本大学)戦 10月4日(水)
 19:00試合開始 
天王洲野球場Bグラウンド(18:30集合)
〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-23
天王洲アイル駅C出口から徒歩約1分


9/6・UBBL2017 第7戦 三田会(慶應大学)戦 結果報告 (1対10)で大敗!  守備の乱れは心の乱れ  不動産業や不動産関連業に携わっている中央大学卒業生で構成されており、不動産に関係した情報交換や 研究を通じて会員相互の親睦と資質の向上、また中央大学の発展に寄与することを目的としています。

Copyright©中央大学 不動産建設白門会,2017 All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ