不動産業や不動産関連業に携わっている中央大学卒業生で構成されており、不動産に関係した情報交換や 研究を通じて会員相互の親睦と資質の向上、また中央大学の発展に寄与することを目的としています。

中央大学 不動産建設白門会

入会案内

6/28・UBBL2017 第4戦  紫門会(駒沢大学)戦 結果報告

紫門会(駒沢大学)戦 結果報告 
(3対4)猛追ならず惜敗! 
白門小名川投手の4試合連続力投に何とか応えようと奮起したが・・・。 

1回表 紫門会 蓮見三振のあと倉持四球、青地・大川原・黒坂・平野4連続安打で3点失う 
1回裏 白門会 遠藤(進)風岡連続三振、川又遊飛で0点 
2回表 紫門会 倉持に安打青地四球許すも0点 
2回裏 白門会 椎名・三好と内野ゴロに倒れるも小名川右翼前安打で出塁木村投手ゴロの間に小名川好走塁で1点宮川四球・中島死球で満塁となるも遠藤(進)三振 
3回表 紫門会 黒坂オーバーフェンスの本塁打4点目のあと平野2塁打で出塁許すも後続断つ 
3回裏 白門会 一死後川又安打で出るも後続なく0点 
4回表 紫門会 内村三振・林内野ゴロで2死後内野失策と青地の2塁打・大川原四球で満塁となるも黒坂を打ち取って0点 
4回裏 白門会 小名川・木村・宮川三者凡退          
5回表 紫門会 二死後柴牟田に安打と盗塁許すも後続断ち0点 
5回裏 白門会 中島四球と盗塁・遠藤(進)三振、風岡の捕手ゴロの投球をとった一塁手が3塁走塁の中島に悪送球し生還2点目 6回表 紫門会 内村三振猪瀬三振の後倉持2塁打、後続断ち0点 
6回裏 白門会 椎名四球のあと三好三振・小名川投ゴロで2死後木村2塁打で椎名生還3点目、宮川三振         
7回表 紫門会 大川原2塁ゴロ・黒坂四球・平野三塁ゴロ西下2塁ゴロで0点 
7回裏 白門会 中島三振・遠藤(進)三振・風岡2塁打で出るも川又・椎名倒れてここまで 
 
<スコアブックから> 
この試合駒澤大学の投手陣・打撃陣のレベルの凄さにまず驚いた。 
まず投手陣、3人のリレーであったが、それぞれが120キロ以上のスピードが出、それに変化球も伴っており我がチームの主力打者も大いにてこずった。結果を見れば5安打するも10個の三振をとられ、四死球も4個だった。 
また打撃陣もフェンス越えのホームラン、金網の最上段に届く2塁打など含む10安打を打たれた。また守備陣もほぼ完ぺきで、1悪送球での失点はあったがそのほかは完ぺきに守られた。ただ外野飛球が1本もなかったのは残念(内野に比べて外野陣は手薄に見えたので)一方我が白門会。この試合も小名川投手の踏ん張りに助けられ、初回の攻撃だけを見ると大量失点での敗北かのようだったが、走者を出しながらも要所要所で三振を取り、初回の3点を取られた後は1失点のみに抑えたのは称賛に値する。 
特に3回は無死でホームランを打たれたあと、2塁打が続き、大量失点かと思われたが踏ん張って後続3人を断ったのは素晴らしかった。また中島とのバッテリー間の意思疎通もよくできているようで、打たれても次には何とか打ち取るという意思が伝わってきた。攻撃でもバッテリーは活躍してくれた。130kmはありそうな黒坂投手の投球を見事初安打したのは小名川。その後の走塁で1点を返すことができた。中島は豪速球を体で受け止めたばかりでなく、四球で出塁し、盗塁などで進塁のあと、相手のミスを誘って好走塁で生還。このバッテリーは投げたり、捕ったり、走ったり大変な作業をやってくれている。感謝感謝である。 
前戦から登場の川又選手。今回も2安打を放って引き続き好調。次回も頼む! 
2塁打を放った風岡選手、ここのところの雨模様で中止・延期が続きUBBL(不動産連盟野球リーグ)との調整で大忙し。3点目を2塁打でたたき出した木村、相変わらずの俊足は見事だったが、仕事が終わらず試合開始に間に合わず外野が2人で守ることになったのにはハラハラさせられた。 
熱海での町おこしのため転職・引越した三好。守備機会5度のうち4度までは確実に守ったが三遊間の飛球を遊撃手とお見合いして出塁を許したのには苦笑。 
3点目のホームを踏んだ椎名、一四球3凡打と結果は出なかったが、駒澤大の速球投手との対決は神宮球場レベルの迫力だった。 
見ていて気の毒なくらいに落ち込んでいた遠藤(進)主将。4連続三振は野球人生初めてのことだろうと思う。家業の電気工事が繁忙期で体調が不十分だったこともあったようだが、本人はそのような言い訳をするような男ではない。次回頑張ってもらおう。 
3打数一四球2三振の宮川。まったく落ち込むことなく守備の自慢。 
最終回に2度にわたる2塁への打球、両方とも強烈な当たりだったが見事に捕球。両方とも真正面より少しずれていたので強烈な当たりでも球すじがよく見えたとのこと。来週からのアメリカチャリンコツアー遠征を勝利で飾って送り出す予定通がそうはならなかったが、最後にいいところを見せるのが草野球および中高年代表の宮川選手、さすが。(この項は本人の希望が入ってます) 
耐震マンション問題が解決して時間ができた太田哲次さん。この試合も応援に来てくれ、懇親会も参加してくれました。阿佐ヶ谷に引っ越したら飲み会の誘いが格段に増えたそうで断ることなくマメにこなしているそう。 
奥さんの体調不良で試合後直帰した朝倉監督お大事に。 
ここのところのラジオ体操の成果が上がり、肩甲骨当たりの筋肉が柔軟になったおかげで遠くまで投げられたのには自分で驚いた小山。小名川とのキャッチボールで彼の球の速さと重さに驚く。聞いたところによると子供たちに交じって野球教室に参加し、投球術を学んでいるそう。4試合連続完投、頭が下がります。 

不動産建設白門会 白門野球同好会  小山賢三 090-1110-1269 
集合写真は動画で見られます。 
https://www.facebook.com/hakumon/videos/1500508310006752/ 

第5戦応援に来てください! 
立教SB会戦 7月19日(水) 19:00~ 
集合6:30 品川南ふ頭公園 野球場 
〒140-0002 東京都品川区東品川5-8-4 
りんかい線「天王洲アイル駅」から 徒歩7分


6/28・UBBL2017 第4戦  紫門会(駒沢大学)戦 結果報告 不動産業や不動産関連業に携わっている中央大学卒業生で構成されており、不動産に関係した情報交換や 研究を通じて会員相互の親睦と資質の向上、また中央大学の発展に寄与することを目的としています。

Copyright©中央大学 不動産建設白門会,2017 All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ