不動産業や不動産関連業に携わっている中央大学卒業生で構成されており、不動産に関係した情報交換や 研究を通じて会員相互の親睦と資質の向上、また中央大学の発展に寄与することを目的としています。

中央大学 不動産建設白門会

入会案内

H28・8・24対橙法会(法政大)戦報告書

8/24・UBBL2016 第7戦

橙法会(法政大学)戦 結果報告の前に

緊急報告!

中央大学バレーボール部創部70周年

記念親善試合・祝賀会に白門野球同好会を代表して(勝手に)参加しました。

現在全日本インカレ2連覇 3連覇目指して猛練習中!

 

身長差50センチ! 右端いとこ、付属大学でバレー部

大竹壱青選手と記念写真。ラジオ体操に5年生くらいまで(夏休み)お姉さん(大竹里歩選手)と毎日来ていました。

 

 

身長差40センチの石川選手。握手したが、ごつごつしてるかと思ったら、ふんわりと柔らかい感触にびっくり。

この試合わが白門会の参加者は監督含め10人の参加者(球団創設以来最小)だった。そのうち出場可能な選手は9人。しかし、それがまた盛り上がりの原因となるのだから面白い。

1回表 橙法会 野口内野ゴロ、渡辺三振のあと吉崎が左中間2塁打内野手エラーで1点先取される

1回裏 白門会 風岡がヒットで出、宮川の打球で2塁に達するも中田・遠藤(進)凡退

2回表 橙法会 四球などで走者を出されるも後続断ち0点

2回裏 白門会 遠藤(一)出塁するも後続かず0点

3回表 橙法会 四球とヒット盗塁などで3点追加さる

3回裏 白門会 中島四球のあと小山三塁線を鋭く抜くヒット。続く風岡のライトオーバーの2塁打で中島生還。宮川三振、中田四球遠藤(進)

        2アウト、遠藤(一)センターに痛烈なあたりを野口が好捕、1点どまり。

4回表 橙法会 内野エラー、四球・ヒットなどで2点追加さる

4回裏 白門会 三好四球2死後木村四球、風岡出塁のあと宮川右前ヒットで2点返す

5回表 橙法会 一死後田沢ヒットと盗塁、中西四球村田ヒット安次嶺ヒットなどで4点追加さる

5回裏 白門会 遠藤(進)ヒット、1死後2四球で満塁とするが後続かず0点

6回表 橙法会 高野・長崎・中西・西沢のヒットが続き4点追加さる

6回裏 白門会 風岡・宮川・中田が三者凡退でゲームセット。

 

<スコアブックから>

この試合白門会は選手が9人しかおらず、記録係が最近の主な仕事の小山(背番号50)を先発で起用することとなってしまった。しかし小山は相手ピッチャーが左腕であることに実は喜んでいた。新羽にあるバッティングセンターの相手は左腕の石川投手なのだ。法政の外野守備は堅いが内野、特に3塁手が穴と見た小山は3塁にゴロを転がそうと思っていた。3回裏中島が出塁の後打席が回ってきた。左足をいつもよりオープンにして構えて待った2球目はインコース低めの直球。鋭く振りぬくと強烈なゴロが3塁線ぎりぎりに抜けて行ってヒット。走者1・2塁。この後風岡の打球は左中間に飛んで行った。長打コースと見た小山は躊躇せず2塁を駆け抜け3塁へヘッドスライディング!バッティンググローブを外さないでおいたので手を思い切り着けたのだった。場内騒然として流れは白門会。2死満塁で遠藤(一)のセンターへの強烈な当たり、やった!と思ったら野口に好捕された。これが最後まで響いてまたもや敗戦記を書くことになってしまった。

ところで、小山の打撃の写真と、走塁の写真がありません。参加者が少ないとこ

う言うことも起きる。と思ったら下の写真。太田哲次さんがとってくれたもので、何とか3塁にたどり着いた様子が伝わって来ますね。ヘッドスライディングした割には膝以外のユニフォームが汚れてないのが不思議。

細かいことは抜きにして、こういうメールを感動して送信してくれた後輩もいるんです。嬉しい限りです。

 

試合には負けましたが、小山先輩の三塁線への

痛烈なヒットと激走が心に沁みました。

残り2戦も全力で臨みます。

 

残り2試合となりました。最後まで戦い抜きます。ぜひ応援にいらしてください!

一同お待ちしております。

 

不動産建設白門会 白門野球同好会  小山賢三 090-1110-1269

UBBL2016第8戦  対黒門会(専修大学)

9月21日(水)天王洲野球場Bグラウンド(6:30集合)

〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-23 情報提供元:(C)ゼンリン天王洲アイル駅C出口から徒歩約1分


H28・8・24対橙法会(法政大)戦報告書 不動産業や不動産関連業に携わっている中央大学卒業生で構成されており、不動産に関係した情報交換や 研究を通じて会員相互の親睦と資質の向上、また中央大学の発展に寄与することを目的としています。

Copyright©中央大学 不動産建設白門会,2016 All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ